ban-dブログ

~楽しいを発見しよう-本・映画・ゲーム・音楽・エンタメブログ~

MENU

観た人に黒い感情を起こさせる劇薬映画!? バンディー的オススメ映画【ジョーカー】

ハイ!ど~も、バンディーです!!

 

今回はバンディーが近年でもっとも衝撃が大きかった映画【ジョーカー】を紹介します!!

 

f:id:band0116:20200704170411j:plain

出典:ワーナーブラザーズ公式チャンネル 

 

目次

映画情報

公開日:2019年10月4日

監督:トッド・フィリップス

出演:ホアキン・フェニックス

  :ロバート・デ・ニーロ

ジャンル:サスペンス

制作国:アメリ

R15指定

 

あらすじ

売れないコメディアンのアーサーは母親の言葉「どんな時も時でも笑顔で」という言葉を胸にアルバイトの大道芸人の仕事に励む。

社会から見捨てられたアーサーは徐々に狂気への坂道を転落していき、悪のカリスマへと変貌していく。

狂気の先に待ち受けるものは・・・

 

本当の悪は笑顔のなかにある。

 

 予告動画

[http://:title]

 

 ジョーカーとは?

そもそもジョーカーを知らない人に簡単に説明を。

緑色の頭に真っ白な顔、耳元まで裂けた口、不気味・コミカルな言動で狂気をはらんだ

有名な悪役です。

もともとジョーカーはバットマンの宿敵として登場します。

 

今までも映画バットマンの中でシーザー・ロメロ、ジャック・ニコルソンヒース・レジャージャレッド・レトが演じてきました。

 

ジャック・ニコルソンのジョーカーも良かったですが、やはりダークナイトで演じたヒース・レジャーが一番有名ではないでしょうか。

 

バンディーも観ましたが狂気があふれ出ているような演技でした。

そんなヒース・レジャーダークナイト公開前に急死してしまいます。

死後ですが狂気を体現した演技を評価されアカデミー助演男優賞を受賞しています。

 

そんな数ある映画の中でも有名な悪役【ジョーカー】ホアキン・フェニックスはどのように演じたのか?

 

バンディー的感想

この映画は人を選ぶが人生で一度は観ておくべき映画だ!!!

 

バンディーは公開されて映画館で一人で観に行きましたが、観終わった後は茫然とし、身体の奥から湧き上がる黒い感情を感じました・・・・

 

それほど観終わった後には強烈な感情を植え付ける劇薬映画である!!

 

ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスの演技は初めて観たのですが、ものすごい役者さんです!

 

上映時間約2時間あるのですが、その間ホアキン・フェニックスの演技からずっと目が離せませんでした。

2時間ですよ!2時間!こんな惹きつけられる映画ありますか!?

ここまで役者の演技で惹きつけられたのは初めてです。

 

20kgの減量をして主人公アーサーを演じています、役者魂が凄い!!

心優しいアーサーが徐々に狂気をはらんで徐々に悪のカリスマ【ジョーカー】に変貌していく様は見事でした!!

 

全体的には終始重いストーリーになります、バンディーは観ている間、緊張感の弦がピイーンと張っている状態でした・・・・・

 

実際にホアキン・フェニックスアカデミー賞ゴールデングローブ賞を受賞していますし、映画【ジョーカー】自体、ヴェネツィア国際映画祭の最高賞の金獅子賞を受賞

 

数々の権威ある賞を受賞していることからも、世間の反応、評論家からも高い評価を得ているかが、伺い知れます!

 

かなり印象に残った劇中でかかる挿入歌

[http://:title]

 

 

最後に

映画【ジョーカー】はかなり劇薬的な映画です!

 

気分が沈んで落ちている日に観た日にはえらいことになりそうです。

R15指定なのも納得です。

自分自身が悪に染まっていくような感覚に・・・

 

どのようにしてジョーカーは生まれたのか?を焦点を当てた映画ですが、誰しも心の奥底にはジョーカーになり得る闇、狂気を持っているのかもしれません・・・・

 

バンディーは一回観た映画はせいぜいレンタルしたぐらいですが、この作品は販売されてすぐに購入してしましました!

今まで購入したのは、【ジョーカー】ダークナイトシリーズ】ドラゴンボール超 ブロリーの3作品だけです。

 

まだ見た事ない人は必ず死ぬまでには、観た方がいい映画の1つだとバンディーは思います!!

 

ジョーカーを観るなら<U-NEXT>